スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- |  スポンサー広告

SONY BRAVIA KDL-40HX850 を使い込む

前にSONY の液晶テレビ、 BRAVIA KDL-40HX850を紹介しましたが、今回はその使用感に触れてみたいとおもいます。
といっても、全部紹介していたらきりがないので、僕がいいなと思ったところだけ。

SONY BRAVIA KDL-40HX850 - なんでもかんでも方式でいきましょう。

DSC_2091

まず、基本のホーム(メニュー)画面は、PS3やPSPでおなじみの、クロスメディアバーになっています。
設定やアプリ等、すべてここで操作します。
メニューの1階層奥が常に見えているので、目的の項目を探すのが簡単です。


簡単な設定なら、通常の視聴画面でリモコンの「オプション」ボタンを押すと、右からメニューがせり出てきます。

DSC_2073

といっても、このメニューは項目数が多く、あらかたのことは設定できてしまい、使い勝手も良いです。

コレに関連して、このテレビの最大の売りである、モーションフロー。

DSC_2074

写真の5種類から選ぶことができ、それぞれの印象としては、
・スムーズ: 最もぬるぬる動く。輪郭が若干ソフトになる。ゲーム中などの応答速度は悪い。
・標準: それなりにぬるぬる動く。応答速度の割りにぬるぬる動くかも。
・クリア: 輪郭がシャープ気味(通常くらい?)になりつつも、それなりにぬるぬる動く。
・クリアプラス: クリアモードよりも輪郭がシャープになっている気がする。
・インパルス: チカチカする。けど、すごい技術らしい。とりあえず目が疲れる。

上記はあくまで僕の印象です。
インパルスモードは、結構すごいことしてると聞いていますが、ちょっとコレで観てるのはツライですし、バックライトが超高速で点いたり消えたりしているモードのようで、逆にチラチラして見えて個人的にはこれはナイですね。
僕はスムーズモードがお気に入りです。
気持ち悪いくらいにぬるぬる動きます。

また、モーションフローを含め、画質や音質の設定は、入力(TVやHDMIなど)ごとに設定できるので、いちいち設定しなおさなくてもそれぞれにあった設定にしておくことができます。
また、音声切替の状態が保持されるのが素晴らしいです。
例えば僕はCSの番組は副音声(往々にして英語)で聴くのが好きなのですが、今まで触ってきたテレビは、一度電源を切ったりすると自動的に主音声に戻ってしまうものがほとんどでした。しかしこのテレビは電源を切って次回見た時も副音声の状態になっています。これは特記すべき素晴らしいこと。


続きましては録画機能。

DSC_2082

日立のWOOOの録画機能をちょっと触ったことがあるので、お世辞にも使いやすいとはいえません。
特に、録画予約をするときはめんどくさいです。
番組表検索を使って1件ずつ録画予約するしかなく、シリーズ物をまとめて録画、なんてことは出来ません。
日立のWOOOはシリーズ物をまとめて録画出来る機能がありましたし、録画した番組も番組ごとにまとめて表示されていたかと思います。

その番組検索画面はこちら。

DSC_2076

これらの項目を埋めた上で、番組表をチャンネルをまたいで検索してきてくれます。
1度に指定できるキーワードは3つまで。予め登録した単語内から選ぶことも出来ます。
録画予約するには、検索結果から個別に選択して、録画予約していきます。
はっきり言ってめんどくさい。


変わりまして面白いなと思った機能。
SNS連動機能。

DSC_2068

見ている番組の情報をtwitterに投稿することが出来ます。
録画した番組を見ている時でも可能です。ただし、録画した番組の情報をつぶやいた場合は、番組詳細へのリンクは表示されません。


更には、TrackID。
番組中で使用されている楽曲を検索することができます。

DSC_2084

DSC_2086

先程紹介した、オプションメニューから1発で起動できるので、例えば、オープニングの曲が気になった時なんかには、スパっと探せてうれしい機能です。
いやー、案外見逃すんですよ、曲名紹介のテロップ。


あとは、iPhoneアプリの Media Remote

Untitled Untitled

iTunesの Remote のように、同じネットワーク内に居るSONY機器を操作するためのリモコンアプリで、BRAVIAにも対応しています。
何が便利って、BRAVIAはBluetoothキーボード等に対応していないので、文字を入力するときに大変重宝します。
また、普通のリモコンとほぼ同じ操作ができるので、ちょっと操作したいけど手元にリモコンがない、なんてときにも活躍します。
無料アプリなので、BRAVIAを買ったら是非入れておきたいアプリです。

Media Remote for iPhone - iTunes Store

と、気に入った機能はこのくらい。
また何か面白い発見をしたら紹介するかもしれません。








2012/06/08(Fri) 23:29:18 |  ガジェット  | Trackback:0  | Comment:0  


<<Plantronics Savor M1100 を使う | Home | SONY BRAVIA KDL-40HX850>>


Comments

Enter your Comment

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
トラックバックURLはこちら
http://hermerdialy.blog90.fc2.com/tb.php/736-1dd81e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
        




 じょんくーぱー☆わーくす
└クルマ関連の記事はこちら。
 └RSS2.0 (みんカラ)

ブログ内検索

とりあえず検索してみると
お目当ての記事が見つかるかも?
カスタム検索

カテゴリ

タグリストも合わせてご利用ください。

著者について

hermer

Author:hermer
プロフィール

Twitter

アカウントリンク

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

タグ

過去の記事

すべての記事

全ての記事を表示する

オススメ

【 Mjuka / Rita 】
『神曲奏界ポリフォニカ プラス』応援中!
GWAVE公式WEB GWAVE公式WEB
Blueberry & Yogurt

Amazon.co.jp

RSS feeds

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。