スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- |  スポンサー広告

SPIGEN SGP Neo Hybrid EX Vivid Series for iPhone5

薄く軽くなったiPhone5、これまでガラスだった4/4Sと違い、背面の大部分は金属になりました。
これがまた、滑るんです。落とすんです。

iPhoneは本体そのものの造形が美しいので、「ケースはしない派」だったのですが、さすがに落としまくってぼこぼこに、さらにはiPhone5のブラックの塗装の剥げやすいこと。
あまりにみっともない状況になってきたので、カバーを探しました。

DSCN1042hh

といっても、背面全体を覆ってしまうケースタイプはやっぱり気に入らないので、バンパータイプのもので探しました。

そこで目に留まったのが、

SPIGEN SGP Neo Hybrid EX Vivid Series [Reventon Yellow]

です。
iPhone4/4S用には純正のバンパーがあったのですが、アレの問題点は、樹脂部分が直接本体に触れる構造のため、フレーム部分がこすれて傷だらけになること。

こちらのSPIGENのバンパーは、2層構造になっていて、樹脂パーツは直接本体には触れません。
これならキズはつきにくそう、ということで、こちらに決定しました。
それとこのビビッドな色のフレーム。気に入りました。

DSCN1043hh

早速装着してみましたが、エッジ部分がテーパー状になっているため、スクリーンの端までタップしやすいです。
4/4S用の純正バンパーは、キーボードの端っこが押しにくくて困ったものでした。

DSCN1044hh

ボリューム、スリープボタンはラバー系のボタンがついています。
また、サイレントモードのスイッチは指を突っ込むような感じで操作する必要があります。
裸の状態だと、ポケットの中で勝手に触ってしまっていることがあったので、これは良いかも。

DSCN1045hh

底面部分はこんな感じ。
純正より太い径で切ってはありますが、あまり太いイヤホンジャックは刺さらないかもしれません。
ちなみにUEのTriple.fi 10pro のL字ジャックのプラグは、聞けないことはない程度に刺さりましたが、しっかり奥までは刺さりませんでした。

このフレーム、Anti-Shockを謳っているので、一応衝撃のことも考えているようです。
色々なカラーがあって、ガンメタルなんかもあるようです。
黒に黄色の見た目も悪くなく、気に入りました。





2013/07/28(Sun) 21:17:59 |  iPhone  | Trackback:0  | Comment:0  


<<【Buy-a-new-Car】 第6回 「注文とローン契約」 | Home | 【Buy-a-new-Car】 幕間 「お金と時間の天秤」>>


Comments

Enter your Comment

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
トラックバックURLはこちら
http://hermerdialy.blog90.fc2.com/tb.php/750-fdd8152b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
        




 じょんくーぱー☆わーくす
└クルマ関連の記事はこちら。
 └RSS2.0 (みんカラ)

ブログ内検索

とりあえず検索してみると
お目当ての記事が見つかるかも?
カスタム検索

カテゴリ

タグリストも合わせてご利用ください。

著者について

hermer

Author:hermer
プロフィール

Twitter

アカウントリンク

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

タグ

過去の記事

すべての記事

全ての記事を表示する

オススメ

【 Mjuka / Rita 】
『神曲奏界ポリフォニカ プラス』応援中!
GWAVE公式WEB GWAVE公式WEB
Blueberry & Yogurt

Amazon.co.jp

RSS feeds

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。